--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11:49:59
05

五竜岳

五竜庭から

庭から毎日見ている「五竜岳」にいざ

ゴンドラ乗り場
ゴンドラ
行列です…平日なのに、ゴンドラ運転開始8時前です。

八方
この三山、見て~すごいねぇ~奇麗です。
心躍る・・

不帰ノ剣
不帰ノ剣もみごと。

八方池
八方池・・今日は池は上からながめるだけ。
先を急ぎます。

扇の雪渓→丸山ケルン
どんどん進みます。
まだまだ元気だよ~


唐松12時あたり到着
ここも賑やかです。

休憩&お昼
美味しいなぁ~
剣岳をながめながらだもんね。

山小屋の支配人さんのNさんと一年ぶりのごあいさつ。
「また来ましたよ」
笑顔で迎えてくれました。
「こんないい天気じゃ、歩いてるだけで五竜に着いちゃうよ」
???・・って言われてこれから行く「牛首」も行ける気がしてきた
唐松山荘
唐松山頂には行かず、見るだけ。

唐松を後にしてまもなく牛首です。
牛首4
牛首2

おぉぉ・・鎖です。
三点確保です。

でも、そんなに怖くなかった。
平気ジャン・・そうだね、9月15日に行った「宝剣岳」の経験が物を言うか。
こちらはまた後日、ここにも載せます。

そして鎖場を過ぎ、テクテク歩き続けます。
五竜5
まだまだ遠い「五竜岳」
がんばるよぉ~

しらびそ2
これは「シラビソ」
紫の松ぼっくりだ。
モミの木に似てます。
良い匂いの中をどんどん歩きます。

五竜山荘
見えました!
「五竜山荘」

はぁ~ついたよぉ。
嬉しくなります。
低い所にあるから歩いていてもなかなか見えなかった山荘。

午後3時半、到着。

スタッフ(イケメンお兄ちゃんも)に見覚えの方が。
また嬉しくなる。

それにしても

…寒っ!

夕飯はカレ~
夕食
おかわり自由。
私には辛くて1杯がやっと。
もちろん完食。
宿泊のお客さんが多くてご飯は「三回戦」でした。
私たちは、3回目、6時50分~でした。

消灯9時。
なかなか寝付けず。
いつものことだけど…
でも夢みたから眠れたってことですね。

**************
翌日
起床5時。

6時過ぎに朝食を済ませて
6時半、「五竜山頂」へ
五竜山頂
登りはじめは普通に・・
しかし途中から、またまた岩場です。
山頂から降りてきた人たちを待ちました。
霜が降りて石がツルツル。

慎重に

そして
五竜山頂2
登頂7:40

おぉ~奇麗です。
素晴らしくて、素晴らしくて…
鹿島槍
「鹿島槍」その後ろに「槍ヶ岳」もチラッと見えます。
「富士山」だって見えました。


「剱」が目の前。

山は偉大だねぇ。
でも人もすごいや。
こんなところまで自分の足で来るんだから。

すごいなぁ~
私もすごいなぁ~なんて思っちゃう。

自分の頑張りを感じる時です。
晴々とした良い気持ちでいっぱいになります。
いつまでもここにいたいけれど。


お名残り惜しくでも下山です。
山荘に戻りしばし休憩。
10時出発
下山しながら振り向くと「武田菱」がくっきりと。

武田菱
ザラザラと滑りやすい道を下ります。
鎖も出てきた・・
なかなか大変。

ラーメン
そしてお決まりのカップヌードル。
山で食べるのはホントに美味しいんですよ。
お腹がいっぱいになったので、遠見尾根をどんどん進みます。


そして、大遠見→西遠見→中遠見を超え

そして、ついに午後2時、小遠見到着~
小遠見

一緒に行けなかったUさんと待ち合わせ。
1時間も待たせてしまいました・・m(__)m
連絡ミス
そしてUさん奥様も一緒にここからのんびり下山しました。

お天気に恵まれた二日間でした。
少し心配な膝も大丈夫だったし、体調もずっとよかったし、怖いと恐れていた「鎖場」は通り抜けることができたし、満足の「五竜岳」でした。

次は、どこかな。

また行きたいなぁ。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。