--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11:19:13
08

オペラ鑑賞

行ってきました「椿姫」

市民が参加する市民オペラ。
市民とは言え、スゴイ!

練習の記録が載っているブログを見たり、そこにご出演のプロのソリストさまのブログを見たりして、華やかなステージの裏側のご苦労を覗いてから見るステージはやはり面白いです。

・・と、最近、このパターンが多いです。

ブログというものが出来てから、喜びも悲しみも垣間見れてずいぶんそういう意味でも大きなステージも小さなステージも身近に、そして興味深く思えます。
そして、カーテンコールでの出演者の方々の表情にもなっとくしたり、もしますし。

衣装のドレスが重いとか、お化粧の練習もするんだとか、歩く練習もするんだとか、プロの方も私みたいな小さな者がステージを迎える時と同じことを考えているんだとか、色々と見えていると、勇気ももらったり、ものすごい努力をしているんだと尊敬の意を示したくなったりします。

そんな情報を胸に迎えたオペラ…
絢爛豪華でした。
主役の女性はころころとステキな声で歌っていましたし、演技も魅了させてくれました。

もちろん他のソリストさまたちもまた同じように素晴らしい演奏でした。

私もまともに歌える人なら、あの合唱団の一員になりたいなぁ~などとチラっと想うのでありました

お姫様系が好きな私にとってあのドレスは超憧れ。
それを着て、タンバリン叩きながら踊ってみたい~~~~などと

家の娘は、そんな華やかな舞台裏の勉強をしに大学に通っていますが、こんな仕事に関わることが出来たらいいのに、と勝手に思っていますが、本人は、さてどうよ、ねぇ。

私は、照明も小道具も大道具もなぜか気になる。
シャンデリアが始めが1つだったのに、気が付いたら次の場面には2つに増えていたり・・そんなことが気になる。

床が傾斜になっていて、奥の合唱団の一人一人の動きも見えたり。

こんなことを考える人ってすごいなぁ~と感激でした。
全て計算済み、そしてその計算どおりに動ける出演者たちもすごい。

そんな大舞台に感化されて、来年は、なにかこう、オペラにはけして近づけないけれど、ちょっと楽しいことが出来たらいいなぁ、と思います。
まだ何も見えない構想を練る時間、楽しい♪
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。