--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12:29:55
25

レクチャー

合唱連盟主催のレクチャーコンサートがありました。

栗山先生です。
そしてピアノは、寺嶋先生。

どちらも憧れの先生。

そうそう、受付でチケットもぎりをしてくださったのはK先生
「こんにちは~」って勇気をしぼってひきつった笑顔で・・
しかし大賑わいの開場時、その声は大勢の観衆に消されてしましたが(T_T)

P5240145.jpg


合唱の歴史を先生のお話でたどって行きました。
そのどのステージも演奏が素晴らしくて心地よく聴くことが出来ました。

特に、ピアノの寺嶋先生。
繊細な、そしてさりげなく、優雅な演奏でした。

自分のバタバタして、ドタドタしているピアノをまた感じ、こんな私、ピアノ弾いていていいのかなぁ~と思う瞬間でもあります。
どうがんばってもそこには行けないし・・色々想いが溢れます。

戦争中の合唱曲のステージもありました。
戦争を知らない私でさえ、胸に迫るものがありましたから、当時を知る方々はきっと辛い気持ちになったことでしょう。

そして昭和の名曲たちも登場。
素晴らしき演奏に目からウロコです。
この曲は、栗山先生にかかるとこうなんだ~と思いました。

そしてラスト。
4時間もコンサートは続きました・・が。

寺嶋先生、作曲の「唐船どーい」
P5240147.jpg

これ、これ!
栗山ワールド。

これです、これが合唱人の心をわしづかみにします。
楽しいですよ。
ワクワクしてきますよ。
100人の「栗友会合唱団」が踊り、歌い、魅せます。

何か、エネルギーが湧き出てきます。

すごい、本当に感動のステージでした。

何かここに近づきたい、と小さい、小さい器の私が思います。
歌の楽しさと、心を動かす歌の力、それを伝えるステージを私も私なりに、私の仲間と一緒に作りたい、ですね。

そして栗山先生の棒で歌ってみたいです・・・・・
スポンサーサイト

- 2 Comments

ポポロン♪  

私ももう少しゆとりができたら,合唱や伴奏の勉強をしっかり
してみたいです。
(その前に4級なんとかしないと・・・・デス・・・・)

さりげなく,優雅な演奏・・・・
簡単そうに見えても自分がピアノの前に座ってみると
なかなか出来ないものです・・・。
合唱とのあわせを録音した練習MDを聴いては
よく落ち込む私です・・・・・・汗。

2008/05/27 (Tue) 13:02 | EDIT | REPLY |   

seiko  

録音した音を聞くのは辛いです・・私。
ビデオもね・・
でも客観的に聞くには、必要なことですし。

音楽は、自分で演奏せず、聴くものだ!と思う今日この頃です、ハイ。

2008/05/28 (Wed) 23:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。