--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23:22:21
14

ソフトに・・

今夜も行ってきました。
新曲増やしました。
今夜は、外国人のこころをつかむぞ!と意気込んで・・ホテルのラウンジ。


寒くて、薄着での演奏はツライ。
セーターで行きました。
少しステージ衣装っぽいので。
七分袖で、鳥肌立ってましたが

着てゆくものを考えるのが大変。
いつも同じスカートだし・・
ワンピースじゃね、夏物しかないし、それじゃとても。

今夜の演奏は・・・
年配の方が2曲ほど終ったところで、近寄ってきて
「あら!チップくださるかしら・・なんて思っていたら
英語でペラペラ・・
身振り手振りで「・・・・・・・・ソフト、ソフト・・・」何とかカンとかお話してくださいました。


つまり
ピアノの音がうるさいってことでしょうか。

ピアノのすぐそばのソファにいるからだよ。
それにこれでも静かに弾いてるつもりだし、このピアノ、鳴りすぎるんだし・・と凹みつつ、言い訳を心で唱えつつ。

だったら、お部屋でお話してくださいm(__)m

今までもこんな感じで弾いていたのに、もしかして音、大きすぎたのかなぁ、みなそう思っていたのかなぁ~

そんなこと想いながら、ソフトペダルをギュ!と踏みつつ演奏を続けました。
すると、そのペラペラと私に何か言ってきた男性が「ベリ、ナイス!」と拍手をくださいました。

うるさいかと思い、和音も単旋律に減らし、伴奏の和音も減らし、アルペジオの音も少し削り、かなり簡単に、楽チンに弾いていたのに。

こいうのがお好みだったのですね。
それともこそこそ弾いている私を見て、余計な事を言って悪るかったと思ったのか。

どこからか私のピアノにあわせて口笛吹く人もいて、緊張するから止めて~~とまたまた心で叫びつつ。

もう時間だろうと思う頃、また反対側のソファーにご夫婦が。
これまた外国の方。
1曲終ると、笑顔で拍手をくださった。
ではもう1曲・・

10分延長してしまいました。

今夜は疲れた~とピアノを離れると、ホテルのオーナー!

はぁ~聴かれてたよ。

「先生、ドリンクでもどうぞ」なんて誘われてしまいました。
しかし、丁重にお断りして、ツルツル凍結の道を帰ってきました。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。