--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22:15:04
18

色々終りました

やっとやっとここに来ました。

何日もパソコンに向かう時間がなくて。

ご無沙汰日記です。

まずは「発表会」
一日中、雨でしたがなんとか生徒たちはステージでほんの数分だけ自分らしくピアノに向かい、自分色に染めたステージを作り上げてくれました。
本当に生徒はよくやってくれました。

しかし!

講師の私の方は最悪、史上初のボロボロの演奏でした。
本当に期待して聴いてくださった方々に申し訳なくて二度とお会いできません、すみませんm(__)m

なんだろか…
リベンジする気力も起きません。

練習量ですね。

きっとこれは、私は無宗教ではありますが、どこかのなにやらの神様のお告げかと。
これから真面目にピアノにせいを出せ、なのか、「もう弾いてはいけません!」のお叱りか、毎日自問自答で過ごしておりました。

しかし、ピアノを弾く日が毎日続きました。

まずは、保育園支援ルーム2日、保育相談日が1日、のボランティア演奏がありました。
1歳~3歳未満までの親子さんと音楽的時間を過ごしてきました。

そして「もちよりコンサート秋編」の出演。
練習も毎日1週間続きました。

ジャズピアノに四苦八苦。
ベースも入り、アドリブも演奏してかなり本格的。
もうジャズなんて無理、無理、それなのに。

講師演奏並に辛い。

私にジャズは無理だよぉ~切に訴えたのでしたが。
結果は、多少色々ありましたが、意外な私のピアノに賛否両論そろい、ここらでベテラン先生もリニューアルかと、話題沸騰で終りました。

他にはブーケもあり、でもこちらは何とか楽しく、コミカルステージを演出できて満足でした。

他にも頼まれた高校生のマリンバの伴奏もなんとか無事に。

終れば終ったで、野望はまた「春編」に更に広がります。
出たがり、やりたがりの集団の、でもみんなお互いのステージを真剣に聴きあい、人の気持ち(練習の大変さ&本番の怖さ)を理解し合うステキな「もちよりコンサート」でした。

デジカメ、忘れました。
画像が手に入れば載せます。

発表会以来教室はずっと一部の生徒さんを除いてはお休みだったので明日からまた通常の生活に戻ります。
楽しかったのか、辛かったのかわからない毎日でした。

平凡な毎日を過ごす事の方が難しいですね。

でも、もちよりコンサートで真剣にピアノに向かう中学生の素晴らしいヴェートーベンを聴きながら、正面から向かうその姿勢に、また新鮮な気持ちが蘇りました。

その横顔になんだか感動してしまった。

今日は「初雪」降りました。
寒かった…
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。