--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10:10:57
20

今日も晴天

9月20日…されどこんなに「暑い」
この日差し、なんでしょうかねぇ。

山は見事に晴れ渡っています。
今日も、またあの「山の頂」が見えます。

……しばし見上げ感慨にふける私。

昨晩は一緒に山に行った3人で写真の鑑賞会。
合せると200枚以上もある写真をもちより思い出話に華が咲きました。
語っても語っても話は尽きず、そしていつも笑いが起こるのです。

友人は言いました。
「あの山を見ると胸がキュンとなるのよね。恋人がいるみたい

ホントにそれに近いです、私の気持ちも。

山は色々な制約がありますね。
トイレもないし、食べるものさえ、荷物を背負うことを考えたら最小減のものにする。
それも握るのが面倒でコンビニの味気ないおにぎりだけだったりする。
暑くても寒くても足を出さなくてはならず。

そんな制約だらけの中で見つかる「楽しさ」はなんとも言えず、愉快な豊な「楽しさ」に思えます。

無心に足を前に出すことだけを考えている、それもまた下界の騒々しい様々なストレスを忘れさせてくれる。

日本百名山制覇!…なんて高齢の方もTVでよく見かけるけれど、山にハマる方の気持ちが理解できます。
・・ってことは私は、白馬岳も百名山だから100分の1、1歩進んだってことですね。

花の写真を見て
「これなんて名前だっけ?」

「・・・・・」

まぁそんな記憶喪失もあり。

写真鑑賞会はいつの間にか、反省会になり、次回の登山にはこうしよう、ああしよう、とみなの山への熱い想いはどんどん膨らむのでした。

……

おばさん三人、そろって単純で可愛いもんですね。

なんだかこのブログ、山日記ばかりになってきました。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。