--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
00:54:19
27

終わりました

こーろ第五回演奏会終了。

終わった…
本番当日、ドキドキそしてワクワクして、でもドキドキは時が経つに従い大きくなってきた。

色々な事が気に係り、何度も楽譜を見たり。
ここにきてそんなことをジタバタしてもどうにもならず開き直るが…

本番…はあっという間に終わった。色々と想いも寄らない小さなミスがあったけれど、でも、終わってみたら「楽しかった」そんな感情がこみ上げる。

後悔する部分はない。
それはもうこれが自分の実力だと思うから。
あれ以上のことはきっと出来なかった。

フィナーレでSちゃんのピアノで歌うことも出来た。
ここで予定では感激のあまり、横のMさんと手を繋ぎ泣くつもりでいた。泣けるはずが…なんででしょうか、すっきりした!なんて下品な感情が私の純情ちゃん涙を止めてしまったらしい。

指揮者の労いの握手も毎年、涙で「先生、ありがとうございました・・」などと言う予定が、爽やかに握りかえす色気のない私でした。

色々な想いを抱きながら、前夜ウルウルしていたはず。
仕事や家庭のこともやりながら10曲のピアノを仕上げる辛さ、その殆どは時間との勝負だったし、時間が取れないことに泣けた日も何日もあった。

夕飯を作りながら時間がない焦りで泣いていた日もあった…(+_+)

Mさんとプログラムを考えながらここまでこれたこと、それを良い結果を出すことで報われた。
誰に褒められなくとも、自分で納得のいくステージでまとめられた喜びを感じることが出来た。

そしてこーろのメンバーもみな、同じ気持ちで、同じラインでこの日を超えられたことも私を嬉しくさせる。
この仲間、とっても良い仲間…しみじみ想う慰労会でした。

次への課題は自分的にあります。
(でもナイショ)

がんばってよかった、本当に。
一つ超えた山。
大きな険しい山だった。
他人から見たら些細な山にすぎない、でも私には難しい山だった。

でもがんばってよかった…

たのしかった…

また次の大きな山を目指すかは、しばらく考えます。
年寄りの冷や水…ってか???????


スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。