--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23:35:17
12

夏から秋へ

ついこの間まで「暑い、暑い」とヘタっていたはずなのに、今日は「寒い」

なんてわがままなんだろうと思いつつ、暑い!と言っていた頃がまた懐かしくなる…

少し遠くの大きなホール(1400人収容)に人知れず行って、ピアノ演奏してきました。
誰も知っている人がいない場所で弾くのは、意外と無責任な態度でいられる気楽さもあり、緊張も確かにあったけれど、背中に背負った”看板”がなくて楽しく、かつ自由に時間を過ごせました。

出演は12名。
ショパン、ベートゥベン、モーツァルト、ラフマニノフ…様々な曲(もちろんジャズもあり)を様々なスタイルで演奏できるこのイベントに、数年前から目をつけていて、今年は思い切って「出演してみよう!」と思い立ち、応募。
もちろんみなプロではないのですから、色々な演奏でした。

書類審査でOKが出て(落選の人も大勢いた)大慌てで人知れず練習に励んでみました。

自分への一つの挑戦だったのかもしれない…演奏を終えてそんな言葉が浮かんでみたり。
でも大きなミスはなく、前日の凹みを思えば上出来かもしれない、だからそんな大げさな人生を感じるような想いはやはり私にはなかったかも。

楽しく弾けた・・・それだけ。

同じステージで同じ苦しみを味わった12名の方々と、もう数時間でフレンドリーになり、リハが終わり、休憩の昼食が終わる頃にはもういつもの自分のペースで色々な方とお話できてしまった。

本番はお互いに励ましたりして、一体感を持つ楽屋裏。

そして打ち上げパーティにはもう名詞交換と次回の自分たちでのミニコンサートを実現しよう、なんて話までに発展していた。

音楽ってすごい力です…(^^)v

でも想うことが一つ。

人の力は限りない。

ここに留まってはならない、ですね。

スポンサーサイト

- 2 Comments

チャリ  

お疲れさまでした。
聞きたかったなぁ・・・・・v-342

2006/09/13 (Wed) 17:28 | EDIT | REPLY |   

seiko  

では・・

いつか聴かせてあげますわよ。
でももうたぶん弾けないけど・・・
過去を振り返らず、ですし。

2006/09/18 (Mon) 13:30 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。