--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20:26:42
03

コンクールⅢ&Ⅳ

昨日はNちゃん。
残念ながら健闘むなしく「予選落ち」…
準備の出遅れがやはり、ね。

今日はRちゃん。
見事に「奨励賞(銀賞)」でした。
今日は、丁度教室をお休みにできたので、応援にホールまで行ってきました。
緊張の面持ちで受付にたたずむRちゃん発見。
「がんばってね!」と声をかけても、ジロッてこちらを見るだけ、言葉発せず…

演奏は完璧に弾けました。
「絶対に間違えたらダメだよ!」と強く言い聞かせ、「Rちゃんは絶対に金メダルもらえるよ!」と励ました前日。
自分を信じて最後まで集中できてよかった。

でも結果は「銀」
でも、指導上、思い当たることもあり納得の銀入賞です。

これで私のコンクールの夏が終わりました。
ホールから帰り4時頃、教室へ。
自分のやるべき練習を、と思っていたのに、ガックリ疲れて何も出来ず、ボンヤリ⇒そしてうたた寝してしまったzzz

疲れた…身体全体の力が抜けてしまいました。
さすがの私も緊張の連日だったのかもしれない。

4人中3人の入賞。
よかった…本当に。
そんな安堵の気持ちと、責任を果たせた想いと、生徒本人たちの頑張り、そしてお家の方々の強力な励ましも私を感動させている。

みなの力で乗り越えたコンクール。
また「来年」…ガンバリマス。

夕方、Mちゃんのママが教室へ。
お中元のお菓子を手に。
つらつらと10年間のMちゃんのピアノ人生をしみじみと語り合いました。
コンクールに出た子ばかりでなく、マイペースのMちゃんだってがんばって来た。
そうやってみな、隔たりなく平等に生徒一人一人を愛して大事にしてあげたい。
そうまた思い直した今日一日。

夜、Rちゃんママからメール。
「今日は演奏前に先生の顔をみて安心したようです。ありがとうございました」
…と。

嬉しかった。

次は「発表会」です。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。