--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21:28:53
16

今日

お昼に教室へ。
ブーケの子たちと打ち合わせ兼昼食。
ご飯がジャーになかったのでコンビ二の「お寿司」
ちゃんとご飯があればおにぎりにして持参したらお金の節約できたのに…とたまに主婦のスイッチ入る。

1時からは「もちよりコンサート」の練習。
今日は連弾の練習。
コンサートまであと一週間。
他の人にも伴奏を頼まれていてだんだん緊張してきた。

今朝、NHKで加藤○○子さんがステキなピアノ伴奏(男性)で「愛の讃歌」を熱唱していた。
間奏のピアノがステキで思わず吸い込まれてTVの画面に釘付けになった。
こうやって歌う人の気持ちを盛り上げてあげると、歌は生きるねぇ~と思った。
こうならなくてはならない、と思うと安易にあれもこれも弾く予定でいたことが怖くなった。
週末、ちゃんと弾きこんでおかないと…

そんな想いも駆け巡り、今日の練習、なかなか進歩!
録音もしてみたり(^_^)v
でも録音するだけでドキドキして譜めくり失敗した。
本番、しっかり弾かなきゃね、がんばるよ、○○さん!

3時から、生徒がやってくる。
7時過ぎまでずっと休憩なく続いた。
今日はコンクールに出る生徒もいたし、喋り過ぎで声が枯れる。持参の「水」がぶ飲み。
それを見ていた生徒「わたしものどかわいた…それほしいぃぃ」

私の口をつけたペットボトルでいいのかなぁ~と思いながらも飲ませてあげる。

最後の生徒、コンクールに出るんだけれど、息抜きに月末の小学校の音楽会で歌う学年合唱の伴奏も担当するからそれを弾かせて私が横で歌う…
今度は別な曲を私が伴奏してその生徒が歌う…

おぉ!なんて楽しい時間だろう。

この子の将来、楽しみ。
そしてレッスン時間が足りなくなり、また明日、来てもらうことにした。
コンクールまで後一ヶ月。
私も辛抱強くがんばらないとね。

お家の人と二人三脚。
生徒たちは良くがんばる。

私は想う。

私がいつも音楽を楽しんでいたらきっとこの生徒達もいつも音楽に囲まれていることが心地よいと想う大人になってくれるだろう。

1対1の対話の中で生まれる生徒との関係をずっと長い歳月続けられるこの「ピアノ講師」は私にはたまらなく楽しくもまたやりがいもある職業なのだ…☆

今日のように生徒と二人でいつまでも時間を忘れてピアノに向かい音楽を楽しめると、あぁ~ピアノの先生でよかった、と涙が出るほど嬉しい私でした。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。