--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10:16:03
19

いろいろ・・・に

日曜日の「大賀ホール」
それは、合唱団と行ったプチ演奏旅行、気分だった。
歌ったメンバーのそれぞれの反省の弁はわからないけれど、私は私なりにあったのだ、けれど口に出すことでもなし、ヒミツにしておこう。

本番というものは何100回のステージに立っても慣れないものです。

中年おばさん&おじさんの合唱への想いはやはり「濃い」
いわば「音楽依存症」??????

もちろん私も同じように年々想いが大きくなり、でもそれと反比例するように夢と現実のギャップを知り、大きな夢はやがて小さな夢としぼみ、そしていつか、きっと近いうちに、「もういいや…」と完全に現実を見据えてしまうに違いない。

それでもいつまでも、命絶えるまで「音楽」にかじりついていたい気持ちは、自分の許容範囲内で広がっていたい。
一種の快感の中に自分をおいておきたい、容姿も技術も衰退する現実から目をそむけながら、その音楽の世界に没頭していたい…

我ら合唱団よりもはるかに年齢層が高い方々のステージを見ながら、そんな気持ちでいました。

来年は25周年という大きな節目を迎える「ハーモニー白馬」
その記念演奏会が決まりました。
私はその半分以上の年月をピアノの立場で関わり続け、「ハーモニー白馬」への想いは誰にも負けない(たぶん)。
その想いを簡単につぶされたくない…と思いながら悶々と。

メンバー一人一人の想いが一つになることの難しさを痛感して、それをまとめることが出来ない自分もそこにいて、でも、妥協はしたくなくて…

まずは自分の技術を磨く、ですか、と思いピアノに向かうのでした。


それにしてもここのところ忙しい。
婦人会の雑用(公民館掃除&花壇つくり&会計)のことが頭から離れず、そして肝心の教室もなんだかまだ落ち着かず。
ようやく今日、ここにブログ書き込みできました…
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。