--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13:23:58
23

雪のち晴れ

また季節外れの雪が降りました。
雨雪。
ボタンッ、ボタンッと屋根から雪が落ちる。

でも今はとっても良い天気。

昨日はお昼もそこそこに教室に飛び込むように行った。
結局午後7時半近くまでレッスンがかかり、11人もいたし。
さすがに疲れました。
小さい子の集中力のなさ、大人をバカにした態度、言葉、ホントに困ります。
そんな子に少々辛く当たりました。
それでも言うことを聞かない(ーー;)

グダグダと甘えたらこの人(私)は甘えさせてくれる…そう見られているんだな、私って。

「じゃあ次は左手だけ練習しようか」と言うと
「やだぁ~左うまくひけないから」

「でもがんばるよ!」と促す。

「やだやだ、出来ないよぉ~」そう言いながら鍵盤をバンバン叩く、足で私蹴る○ちゃん。

それでも弾かす・・・弾けない、引っかかる。
「もう1回!」私がそう言うとその子(1年生)は私の手をつねりました…痛いなァ~(@_@)
赤く跡がついた。

こうやってこの子は育てられているんでしょうか…
ちょっと困る子ですね。
思うように出来ないと怒る、イライラする、人に当たる、物に当たる。

だから私は「○ちゃん、なにそんなに怒っているの?じゃぁアメでもなめて優しくなりますか?」…
アメとムチです。

最近こういう子、多いです。
そのアメを口にいれて、すっかり落ち着きを取り戻しまた左を練習する○ちゃん。
もうすぐ終わり、という頃○ちゃんのママがお迎え。
ママの前では良い子です(>_<)

単純にピアノだけ教える先生にはけしてなれない私なので、生徒の心の中もつい気になり、心の扉を開いて私と長い年月付き合ってほしい、と思ってしまう。
それは父兄の皆さんには迷惑なことかもしれないと知りつつ…

でもピアノが上手でも音楽を楽しむ心も一緒に育たないと意味がありません。
みながみな「ピアニスト」を目指しているわけではないですからね。

私は、生徒全員に心も穏かに、でも強い意思のもてる、音楽を楽しめる、ピアノが弾ける人になってほしい…

○ちゃんは私の事情で来月から別な先生にお預けします。
気になっているこの子、私は遠くから見守ることにします。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。