--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10:42:30
15

敏感な時期

乾燥してますね。
ノドの調子も悪い。でもけして悪化もせず熱も出ず、多少の頭痛も薬、大人の半量で治る丈夫な私です。
ちょっとつまらない・・虚弱体質になりたい。

されど気持ちの方は敏感な時期にきました。
こーろの演奏会のことが気になる、そして翌週のピアノ発表会も。
生徒とは毎日が戦いのように大騒ぎ。
アメもムチもいっぱい使い曲の仕上げ、でもそれならまだ良い、譜読みも出来ない状態の生徒もまだいる。
間に合うのか・・?指導の私からサジを投げられずひたすら奮起させる努力、そしてそのうちに雷、ドカァ~ンと落す、たぶんこのパターン効果あり。
講師演奏の練習はいるできるんだろうか…

こーろの方は気持ち一つで弾けなくもなり、反対に高揚すると曲の気持ちがはいり弾けたような錯覚を起こしてしまうほどにもなる。
日々の生活にかかってきた。
これからの2週間、嫌な思いのすることはしないことにしよう。
でもそんなことできるかなぁ~



「もちよりコンサート」もあった。
Nちゃん、Kさん(大人)との連弾、ミュージックベル、こーろの伴奏。私の出番は3回。
初出演の方(グループ)の緊張して演奏した後の表情をみていてこのコンサートの良さを味わってもらったように思えた。
私は主催者ではないけれど、このコンサートの企画提案した一人として、こうやって音楽の人の輪が広がる様を目の当たりにするのは至福の時でもある。
大人になってやっと音楽をたのしめるようになる。
気軽に、と出演を促す、でもけして気軽ではない、人前では緊張するし、準備(練習)期間も大変な想いもある(辞めようかと出演の迷いも発生するし)。
でも、人の音を聴き、それに合わせて自分も演奏する心は社会で生きて行く人の気持ちにも似ている。
人の演奏を聴くだけでは「批評家」になりミスをつつく人も出てくる。でもこのコンサートは出演者がたくさんいる。しかもみなプロではない。愛好家の人ばかり(私も同じ)
自ら演奏したらどれくらい緊張してどれくらいの力を発揮できるのかも、人の演奏を聞いていて痛いほどその心情が伝わってくる。

人の世も同じ…
人と人はカンタンに閉ざされてしまう。
心無い態度、心無い言葉、それが引き金になり遮断される人の付き合い、そして音楽も同じ…きっと。
ここにもムチばかりでなく時にアメも必要でしょう。
私の場合は特に…
スポンサーサイト

- 2 Comments

Tomoko  

こんにちは。いつも気まぐれカキコですみません。。
もちよりコンサート、そうですね~!いいですね~!
私もようやく、香港でフルートパートナーを見つけ、デュオできるようになりました。今年度はフルート、二胡が各3回、合唱は5回?本番をこなす事ができそうです。
そして、なんと!そのフルートパートナーの方、日本に帰ってもご近所さんかも!びっくりでしょ。県内は確実。
いよいよね、帰国まで2年を切りましたわよ。。
白馬の山は、もう白いのですね~。夫がスノボしたいってうるさいです。
では、また!

2005/11/23 (Wed) 23:13 | EDIT | REPLY |   

seiko  

わぁ~

こんにちは★
元気そうで、そして楽しそうな書き込み(^_^)v
帰国したら「もちよりコンサート」一緒に出ようね~そのパートナーの方もお誘いして。
白馬の山は真っ白。
でも里はまだ雪はないけれどいつ降ってもおかしくないのが白馬です。

2005/11/24 (Thu) 11:41 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。