--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21:32:02
29

気合

こーろの演奏会、ピアノ教室の発表会。
それぞれがあと一ヶ月となった。

気合がはいる。
緊張の毎日。
でも、はぁ~とかあぁ~とかうぅ~んとか、ため息ばかりしている。
出来たら逃亡したい気持ちでいっぱい。
この現実から逃げたい…(ーー;)

人は辛いことに遭遇して強くなり大きく成長するんだ。
試練の時を超えて、また晴々とした日がやってくる。明けない夜はないのだ!と自分に言い聞かせてピアノに向かい、生徒と向かい合う。


今日は土曜日。
朝9時から夕方3時まで生徒のレッスン。
午後は追加練習の必要な生徒と呼んでたっぷり時間をかけてレッスンをした。
この時期になると毎年配る「100回練習表」
恒例になった「練習表」は家庭での練習回数を記して発表会までに100回弾きこむことを目標にさせる。
生徒達はこれを見て「げぇ!~まただよ!」と言う(言葉使いが下品だなあ…)
でもけっこうこれが効果バツグンでごほうびなんて決めなくてもちゃんとせっせと練習してくる。

一ヶ月前から100回なので一日3回はしなくては目標達成にならない。小さい生徒にはかわいそうだけどお家の人の協力で頑張ってもらうしかない。
時々うそつきな生徒がいてどう見ても練習していないと思われる弾きっぷりなのに○がたくさんついている表を見せる。
「わぁ~すごいねぇ、いっぱい練習したんだ」と知らん顔でそう言うと私は「もう一度、もう一度」・・と繰り返し弾かせてその生徒を攻める。
こういう子は将来は世渡り上手な大人になるだろう、はぁ~。
うそをつく子は目がきょろきょろしている。

でもうそでもいいんだ。その子にはそれなりの演奏しか出来ない。
ちゃんと頑張った子は発表会には言葉に表せないほどの達成感と充実感で、良い気持ちを味わうことになるんだから。

だから、私にも「100回練習表」必要なのかもしれない…チラッとそう思う。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。