--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11:51:38
13

コンサートが終わり・・

雪も降らずに、あまり寒くなくコンサート日和でした。
お客さんは予想以上で満員で立ち見が出て、プログラムも椅子もなく、大慌てでした。
ありがたいことですね…無料のコンサートとはいえ、こーろに期待してくださる方が大勢いてくれることがとっても嬉しいです。
チラシも頑張って作ってよかった・・・(泣)

肝心のコンサートはまぁ、あんなものでしょう。本番とは完璧には行かず、いつのも私レベル、と自分に何度も何度も言い聞かせて凹みから逃れようとしています。
音が抜けたり、和音を外したり、なんでさぁ~あんなミスするんだろうか?????
歌うメンバーの足を引っ張る伴奏になってしまったのか?
色々考える本番ステージの後。打ち上げではその迷いを打ち消すかのようにわざと元気な私でした。
他のピアニストってこんなこと想うんだろうか?

やらせてもらえるだけ「幸福」なんだ、としみじみ感じるこの頃。こんな私で良いのか?なんと想われているんだろうか?
プログラムはどうだったんだろうか?

欲張りな私が何かを終わる度に反省して自分を振り返る。私は私以上にはなれないことも承知の上なんだけれどね。
このコンサートで学び取ったことがあります。
それを踏み台にしてまた次へ進みましょうか?
無限に広がる私の夢、されど現実には勝てず、それでもまた何をやってみたいと、自分を苦しめてみようと思う。でもその苦しみは実は「楽しみ」になることもちゃんとわかっている。
立派なプロの音楽家とも共演させて頂き申し訳ない気持ちでいっぱいで至らぬ伴奏であったことも深くお詫び申し上げたい…面と向かっては言えないし、ここで言うしかありません。
ぬるま湯に浸かり人を批判しながらいることは「楽」なことだと思うけれど、何かをしながら批判をウケながら毎日音楽とかかわり少しでも自分を知り、何かを学び、少しでも前進することが私に必要なこと。
だからまた想いは次へ。

心の片隅に「線をひく」気持ちもあり、それがいつなのか迷っていることも事実。「ぬるま湯」もいいか~?

グチグチ日記でした…
1時間と少しのコンサート。
2、3曲を演奏する音楽祭のステージとは違い、その準備には多くの時間を費やしてきた。その準備は伴奏の立場ならなおさら。
されどコンサートには地道な雑用がある。
それをみなが自主的に動き、メンバーと力を合わせて作り上げるコンサートは終わった後の充実感がやはり大きい。
自分の反省と同じくらいにメンバーとのつながりを深める結果を得られる、そこで癒されているかも…
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。