--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23:17:02
16

生徒から先生への宿題

中学3年生になってからピアノからエレクトーンに楽器を切り替えて張り切っているKちゃん。
かねてからの夢だったエレクトーンを習うことが出来て楽しくして仕方ない様子で毎週レッスンに通う。

私も学生時代に就職のために習いはじめて、これにハマりました。なんせエレクトーンは曲が楽しい。リズムもジャカジャカ鳴るし基礎を学べば後は、自分らしくアレンジも出来るし。
そんなで22歳の時にはコンクールなんぞにも出てみた。出てみただけですけど(^^ゞ
そんなにも楽しく学んでいた楽器だってことです、ハイ。

今では「やっぱりピアノ」とエレクトーンもあまり触れずに適当にの状態で、挙式のオルガンくらいでビビルくらいじゃダメですね。
それまでにも少々生徒ももちろんいましたが…

Kちゃんのレッスンが終わり、お家の方のお迎えを待つ時間に必ず「先生、なにか弾いて」となる。
つまりお手本をこの耳で聞き、その華麗な足さばきを確認したいらしいKちゃん(実際はちっとも華麗な足さばきにならず、カスる足ペダル)
そう期待されたらやらない訳に行かず、その辺の楽譜(もうしばらく開いていない楽譜)を取り出しなんとなく弾きやすそうな曲を弾く。すると「へぇ~すごい」と感心してくれる。ありがたい(>_<)こんなんで感動するのも今のうち。そのうちKちゃんもスグに弾けるようになるよ、と内心ヒヤヒヤ。
こりゃ、密かに特訓しておかなきゃ、と焦りの先生です。
さて、来週の曲は何にしましょう、宿題はちゃんとやらなきゃね!・・・です。
ちなみに私はれっきとした「グレード5級」保持者です。たいしたことないか、でも指導者レベルでありますんで、誤解のないように。


ノドはまだ痛い、そしてくしゃみ連発、不機嫌。
今日の私。
不機嫌は別として風邪かな?
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。