--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21:07:32
25

気が付けば・・

なんともう五月が終わりそうじゃないか…
濃厚な毎日を過ごしてきて、今日は久しぶりにホッと一息入れられた。



昨日は・・
「敬老会」へ。
ブーケのNちゃん&Yちゃんと歌のMさんと四人で、H会館のホールでの30分コンサート。
Mさんの天使のような透明な歌声に乗せられて集まった70歳以上の方々(50名くらい)がすぐに柔らかな表情になる。歌ってスゴイ☆
そして私のピアノにはそんな魔力はないと想い、同じステージに立つたびにMさんの凄さに敬服する。
この敬老会は地元(白馬村内)だけあって、同級生のお母さんや親戚のおじちゃんや、生徒さんのおばあちゃんや、私の母のゆうじんやら、近所のおじちゃんの知り合いだ、とか色々つながりをもつ人ばかり。こういう場合、自分の生まれ(家の名前や親の名前)を明かすと、なぜか異常に盛り上がり、演奏もなぜかウケる。案の定、みんな素性が分かると積極的に話しかけてくれる。
地元での演奏のすごさ(?)はこれかな…?
やり易い、と甘えてはならないか!
お茶を頂き休憩30分ばかりで移動。

「北小PTAコーラス」へ…
来月末の小学校の音楽会のために結成される合唱団のための練習へ。お知らせや口コミや連絡網などあの手この手を使い、初練習に集まったのはたったの3人(>_<)それも義理と人情…おそらく。
私と歌のMさんは指導部ということで毎年、これに参加しなくてはならず、ハーモニー白馬の合唱団もこれに協力体制をとっている。我が子がいない音楽会にせっせと足を運び、歌に興味がない人に「歌って楽しいよ、一緒に歌いませんか?」とメッセージを投げかける。
自分がヒマな時間を有効利用して、歌いたいPTAがたくさんいて、そんな状態ならばパワー全開だろうけれど、午前中に敬老会⇒お昼もそこそこに義理と人情の合唱団をこれまたMさんと引っ張り(選曲も時間がかかるのだ)練習1時間⇒そして仕事へ突っ走る、それほどの慌しい一日だとついつい面倒に想ってしまう。
本命の教室の時間にはヘトヘトになってしまう自分…なんか可笑しいじゃん!教室が始まる前にやるべき事もあったし、グチりたい気分。
でも、それでもPTA合唱団の伝統を繋ぎ止めなくてはならない使命がポワット灯る。私のコーラスはここから始まった訳だし。

両極端な想いに揺れながら、でも今年も音楽会のステージに。教室の生徒たちの頑張る姿も見られるし、いいんだけどね。


慌しく過ごした昨日を癒すためにも何となく友人とダベリたい気持ちで朝を迎えた。
午前中のベルの練習の後で、mさんから「おはぎ」を戴いたり、MちゃんやK子、Aちゃん、Cちゃんと次から次と偶然にもお茶を飲みに寄った友人Mのお店に現れる友と話すことが出来た。
あっ!もうすぐ六月じゃん!!
週末のブライダルの曲の弾き込み、コンサートの準備、保育園のボランティア。
明日を思うとまた焦りモードがMAXです。
でも・・・こうやって書き留めることは私にとって結構、ストレス解消になる。(読み手には迷惑な長々として取りとめもなくくだらない文章ですね、すみません)もやもやとしていた気持ちを文字に打ち込んでいくと乱雑になっていた本棚が整頓されていくような爽快さも感じるんですねぇ。
活字を無性に読みたくなる、書きたく(打ちたく)なる…依存症っていうんだろうか??????
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。