--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22:23:35
28

地震から一週間。

道路は急ピッチで工事が進んでいます。
隆起した庭も生活に支障がある部分だけ借り工事してくれることになりました。

余震も回数が減りました。
でももう大きな地震が来ない保障はありませんが。。。

同じ地区で危険と判断された家は荷物を運び出しています。
荷物も運び出したら、その家はどうするのでしょう。
壊してしまうのでしょうか。。。

慣れした親しんだこの景色が突然、住んでいる人の都合ではなく取り壊されて
風景が変わってしまうかと思うと悲しくなります。

断層があと1メートルずれていたら我が家も傾いていました。
そんなほんの少しの差です。

地震直後から携帯が鳴りっぱなし。
年賀状のやりとりだけになってしまった方からも電話がきたり
友人、知人も訪ねてきてくれたり

何かしてほしいことありますか?
なにかほしい物は?
・・と手を差し伸べてくださる方も
お水を持ってきてくださった方も
無事でよかった。。と喜んでくださる方も。

本当にありがたく勇気づけられました。

同じ地区に住み、同じ様に被災しながらも
訪問し合い、励ましあい、慰め合いの毎日。

水が復旧して普段どおりの生活に戻りつつ、でもご近所さんのことを想ったり
TVの報道や新聞記事のことを考えると
手放しではよろこべません。

それは
「絆」

東北の震災の時によく聞いた言葉ですが
自分たちには無関係だと思っていたこんな大地震が来ると

「絆」の深さを感じてやみません。

人のつながりは日常にいつもいつもあったのです。

一日も早く
被災した方も
しなかった方も
同じように平穏な毎日をおくれることを願います。

難しいことは言えませんが
こんな時に選挙なんて。。

莫大なお金。

少しでも
家をなくしてしまった方々に使えないのでしょうか。

こんなところで発してもなんにもなりませんが。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。