--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23:53:29
31

いよいよ北穂高岳へ

二日目
ふかふか清潔なお布団でカーテンで仕切られた一人の空間で
ぐっすり寝られました。
夢まで見てしまった。
山小屋じゃ熟睡できない私なのになぁ・・・

5時30分朝食です。
IMG_0497.jpg

6時過ぎ
なんと素晴らしいモルゲンロート
IMG_0517.jpg

雪が積もったのでしばし太陽があがるまでヒュッテで待ち・・・・・

いざ、7時30分出発
ごらんあれ~~~雪の涸沢でございます。
IMG_0556.jpg

・・・とふざけている場合ではなく
気を引き締めて登らないとね。
DSC05464.jpg
ヒュッテがあんなに小さくなったのにまだまだ先は長いのだ。
DSC05466.jpg

DSC05473.jpg

DSC05477.jpg

DSC05479.jpg

こんな危険がいっぱいなところもありましたよ。
ここで滑落事故があったそうで後で聞いてひえ~となりました。

まだまだ登る
雪もあるし・・
DSC05490.jpg

前穂の前で
DSC05499.jpg

DSC05505.jpg
山頂まであと0,2㌔
DSC05518.jpg
されどまだ登る、登る。
石が凍ってて怖いよ。
DSC05523.jpg
そんないつたどり着くのか見当もつかずひたすら登っていると
いきなりの山頂、で、この景色。
泣きそうになるほど美しいパノラマです
涸沢から3時間
がんばった、私。
DSC05532.jpg

槍ヶ岳が
大キレットが見渡せる
来年はここ行くよ、って同行者が
DSC05567.jpg
奥穂とジャンダルム
IMG_0634.jpg

北穂小屋
テラスでコーヒーいただきました
DSC05550.jpg
ご満悦の私と槍
kita.jpg

で、くだります。
DSC05580.jpg
怖いんだよ、それがまた
DSC05599.jpg
クサリをつかんでスルスルとは降りられず
時間がかかりました。
上で待っている人たちごめんなさい。
DSC05613.jpg
2時間半かかって無事にヒュッテ到着。
やれやれの1枚。
IMG_0657.jpg

今夜のお宿もここ「涸沢ヒュッテ」
美味しい夕飯の後は・・
忙しいK君を呼び出して少しだけ子供時代の思い出話と
K君の「岳」そのものの山のお話を聞きました。

ここに来る前まではワクワクとドキドキが入り混じって
北穂の記事をネットで見てたりして
ひぇ~とかしてたけれど(笑)
でも今日は雪が少し積もっていて更に恐怖心も増して緊張の日だった。

青空と周りの穂高の山々の美しさに感動しながら
ガイド役のKさんのかなりの叱咤激励に後押しされて
危険がいっぱいの山に無事に行ってこられてよかった。

・・とか想っていたら眠れなかった。

北穂山頂からの「槍ヶ岳」をのぞむ風景は忘れることのできない、もう死んでもいいや、なんて
思える感動いただきました。
Kさん、K君、Aさん「ありがとうございました!!」

載せるな!と言われたK君との2ショット
IMG_0675.jpg
控え目に小さいサイズで載せちゃいます。
私は。。寒さ対策の着ぶくれ&寝不足と疲れで顔パンパンの醜さですが

上高地まで降りて
「五千尺ホテル」で
場違いな姿でおケーキとおコーヒー
kita3.jpg

雪が舞う涸沢から降りてきて
下界ののどかさに癒される私。。。
もうここからザック背負って歩かなくてもいいのが嬉しい。
スポンサーサイト

- 2 Comments

イク  

すごい!頑張ってるね(^^)v
9月に上高地に行き夫婦で歩きました(^o^)丿
5千尺ホテルお土産「栗のパウンドケーキ」メチャ美味しかったです♡♡♡

2014/11/01 (Sat) 14:00 | EDIT | REPLY |   

seiko  

イクさん♪

そうでしたか!
ほんとは9月下旬に穂高に行く予定だったのですが
台風で…
あのお上品なお店で汗臭い私、お茶してしまいました(^^;
上高地はいいですよね。
なんど行っても飽きないですね。

2014/11/01 (Sat) 18:09 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。