--:--:--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09:47:31
11

花冷え

寒いです。。。
雪が舞うんじゃないか、くらい寒いです

5月


ピアノ教室は7月22日が「発表会」です。
ホールの予約も写真屋さんも、お手伝い頂く仲間の先生方も手配しました。

そして子供たちの曲もそろそろ全員決まってきました。

曲を決める時は、私の目線からその子の雰囲気にあっていて実力(これが一番)にあって聴き栄えのする曲を選びます。

ピ~ン、とひらめく時もあるし、悩む時もあります。

また少し大きい子供たちには「どんなの弾きたい?」と聴きます。

暗い曲、テンポの速い曲、ゆっくりした曲、とアバウトな印象の答えもあったり、お父さんが好きな曲!なんて言う子供もいます。

この選曲の時期は頭を悩ます辛い時でもありますが
楽譜を渡して「こんな曲だよ」って弾いてあげたり、曲のイメージを話してあげたり、ユーチューブを観せたりします。

そんな時の子供たちのキラキラした目や表情がとっても可愛いです。
素直に反応してくれる子供たちに元気をもらう瞬間。

しかし。。。

たまに
ごくたまに

そうでない子供がいます。
もうすでに「諦め」

わたしはヘタだから
れんしゅうできないし
まちがえるし


・・・・
なんでそうマイナス思考
子供のくせに


私は子供のころ、先生に楽譜もらう瞬間がたまらなくてワクワクしてました。
発表会で弾くのも好きだった。

私の生徒たちも、ソロ演奏の他に必ず全員する、お友達との連弾やアンサンブル、バンドまがいなステージに夢ふくらみ、その曲のことばかり話しています。

「せんせい、しょうめいもまたかわるの?」
そこかよっ
ホールの照明さんの演出も楽しみな子供たちでもあります。

みな、自分大好きなんだね。
アイドルになろうよ、みんな。

でも練習いっぱいしなきゃねぇ。

やる気満々の子供が多いなか、発表会を楽しめていないわずかな子供に悩むこの頃。

私も頑張るよ、講師演奏
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。